orangeitems’s diary

クラウドではたらくエンジニアの日々の感想です。

androidがiphoneに絶対勝てない理由

会社から支給されたスマホはgalaxy、個人持ちはiphoneです。両方使っているのでよくわかるのですが、ああandroidはiphoneに勝つことは無いのだなとよくわかります。 

コストはandroidが安い、だから世界のシェアはandroidなんだろうけど、道具としてのバリューはiphoneだ。

ユーザーインターフェースの出来が違いすぎる。おそらくテニスのラケットとか、靴とか、そういうのに似てる。形は同じなんだけど、しっかり来るか来ないかの差は大きい。

液晶にタッチするのは全く同じなのに、その挙動に差がありすぎる。なぜandroid はあそこまでミスタッチが多いのだろう。

android のユーザーインターフェースは、端末メーカーごとにカスタマイズできるようになっており、いろいろ変更できる自由さがある。ここが仇になっている。厳密にユーザー体験を定義しているアップル。自由さに任せたグーグル。その結果、同じandroid 端末でも、メーカーが違えば千差万別なユーザー体験となってしまった。もっと言えば、同じメーカーでも時系列で随分と変わってしまう。

もっと議論を進めて、グーグルの日本でのビジネスの苦手さが痛い。彼らはGCPというクラウドサービスも日本ではうまくいってない。検索の市場も日本だけは、yahoo japanというローカルプレイヤーに依存している。

この状況なら、まあ、アップルは安泰だと思う。何とかならんのか、グーグル。